便秘解消

イタリアチーズの種類と特徴の詳細

イタリアチーズといえば食事にデザートによく使われており、イタリアも一つのチーズ大国です。
イタリアはチーズの原料ともなる乳の種類も豊富で、北部では牛乳がメイン、中部や南部では、山羊乳、羊乳、水牛の乳などが一般的に使用されます。
イタリアでは300種類ものチーズが存在しますが、中でも伝統的な製法を国が保護、規制しており、国の機関によりその製法の規格が定められています。

この規格に指定されたチーズは現在31種類存在しているほどイタリアは伝統的な製法にこだわりを持っているのです。
代表的な種類で言えば牛乳から作られるハードタイプが有名で、パルミジャーノ・レッジャーノ、グラナ・パダーノなどがあります。
これらはピザやパスタにもよく使用されるタイプです。

羊のチーズでは土地の名前が付いたペコリーノが一般的です。
また、水牛の乳で作られたカードを熱湯で練り上げたモッツァレラも一般的です。
ゴルゴンゾーラやリコッタチーズも代表的チーズですが、イタリアならではのスイーツによく使用される、マスカルポーネも有名です。
マスカルポーネによって作られるティラミスはイタリアの代表的スイーツでもあります。
このように、イタリアには伝統深く、食事にもデザートにも活躍するチーズが多数存在しているのです。


このページの先頭へ