便秘解消

ナチュラルチーズとプロセスチーズの相違点

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは加工しているか否かにあります。
ナチュラルチーズは乳を発酵させたままであることに対し、プロセスチーズはナチュラルチーズを数種類加熱し混ぜ合わせたものです。
前者は発酵させたあとに加熱しないので乳酸菌や酵素が生きたまま残ります

そのため、常に発酵を続け、熟成によって旨味が増すことを楽しむことが出来ます。
保存方法には乾燥を防ぎ湿度や温度の管理に気を付けなければならないデリケートさもあります。
一方後者には高温で溶かし、型に入れて固めるという工程があります。

熱に弱い乳酸菌や酵素は加熱された時点で死滅してしまうので、出来上がり時にはこれらの菌は含まれていません。
発酵も止まるので、出来上がり時の味と風味そのものが続きます。
保存の仕方は冷蔵保存であれば状態は保てるので扱いやすいタイプとも言えるでしょう。

後者のタイプの利点は保存のしやすさとスーパーなどで手に入る身近さ、そして特有のクセが少ない為、苦手な方でも挑戦しやすい所にあります。
また、最近ではカルシウム入りやブラックペッパー入りのものなど様々な味のタイプも作られており、より手軽に楽しむことが出来ます。
加工していないものはチーズそのものの味を生かしているのでより本格派の方にはナチュラルチーズがお勧めです。
チーズを食べるシーンによって使い分けをしてみるとよいでしょう。


このページの先頭へ